スタッフブログ塗装に関するマメ知識やイベントなど最新情報をお届けします!

『建物の耐用年数』と『建物の寿命』

大規模修繕の豆知識 2021.12.15 (Wed) 更新

皆さま、こんにちは!

この度も「リノブルスタッフブログ」にお越しいただき、ありがとうございます!

レアテック株式会社の羽根木晃子です。

 

今日は1215日、12月も残り半月になりましたね~

私が住んでいる石川県金沢市の今日のお天気は、北陸の冬らしく、どんよりとしたお天気になりました(^^; 

※2021年12月15日撮影(リノブルショールーム前)

 

※2021年12月15日撮影(リノブルショールーム前の看板)

分厚い雲が広がってますが、明るく元気にがんばりましょう!

 

さて、本日のテーマは「建物の耐用年数」と「建物の寿命」です。

 

建物には、構造毎に法定耐用年数が設けられていることをご存知でしょうか?

アパートやマンションなどの賃貸物件のオーナー様ならご存知の方も多いかと思いますが、

この「耐用年数=建物の寿命」であると思われている方も、もしかしたらいらっしゃるのではないでしょうか?

 

そもそも「建物の耐用年数」とは、「減価償却の計算の際に用いられるもの」であり、

この法定耐用年数を過ぎると、税務の上では減価償却が終わり、資産価値が税務上「0(ゼロ)」になる時期を表します。

 

構造別の具体的なアパート・マンションの耐用年数がこちらの表になります。

賃貸物件の場合には、付属設備にも耐用年数が関わってくるので注意が必要です。

 

そして、「建物の寿命」とは、「居住不可になるまでの期間」を表し、実際には先ほどの表でご紹介した

「耐用年数」とは全く関係のないものなのです!

 

この「建物の寿命」は、建物のメンテナンス状況によって長くもなれば、短くもなります。

つまり、「耐用年数≠建物の寿命」なのです!

 

先ほどの表の「重量鉄骨造」の場合を例にしますと、耐用年数は「34年」となっていますが、

修繕をせずに劣化を放置していれば、耐用年数まで持たず「25年」で寿命となる可能性もあり、

 

また、きちんとメンテナンスをして建物の維持保全状態が良好であれば、耐用年数「34年」以上の、

50年」まで建物が長持ちする場合もあるのです。

 

つまり、建物の管理を適切に行うことで「建物の寿命」を延ばすことは可能となるのです!

 

もちろん、どの業者がどういった建て方をしたのか、またどういう風土の地域にある建物なのか、

などなど...、各建物の様々な条件による差異はありますが、

早めの修繕工事を行うことが「建物の寿命」を延ばすことにつながるのです‼

 

わかりやすく言い換えれば、建物も「人間の身体」と同じです。

発熱や身体に傷を負っても、何もしないで放置していれば身体はどんどん弱っていきますよね。

 

定期的に健康診断や人間ドックを受けて、異常があれば専門のお医者様の診察・治療を受ける。

手術が必要であれば、どういった手術が最適なのかを選定して手術を行い、手術後は経過観察もしてもらいますよね。

 

このようにして私たちは長生きできていると思いませんか?

 

建物も同じで、健康診断や人間ドックのように定期的に建物の調査診断をして、

建物に異常や劣化があれば修繕をする。つまり、治療や手術ですね。

このようにすれば、建物の寿命は延ばせます。

 

私たち「RENOBLE/リノブル」は、

皆さまの大切な資産である「建物の寿命」を延ばすための定期的な調査診断や、建物の修繕を行う専門家です。

まずは「RENOBLE/リノブル」の無料診断を受けてみましょう!

 

それでは、この度も最後まで「リノブルスタッフブログ」をお読みいただきありがとうございました。

次回もよろしくお願いいたします!

 

北陸3県 石川県 富山県 福井県

 

金沢市 白山市 野々市市 かほく市 河北郡 津幡町 内灘町 小松市 能美市 加賀市 で

 

ビル マンション アパート 収益物件 病院 学校 工場 倉庫 などの 

 

タイルの欠損 タイルの剥落 漏水 水漏れ 雨漏り を見付けたら、

 

調査診断 打診調査 赤外線調査 定期調査 改修工事 修繕工事 防水工事 塗装工事 は

 

「RENOBLE/リノブル」 「レアテック株式会社」 「ウォールドック株式会社」へ...

 

住宅の 屋根・外壁の塗装工事 防水工事 リフォーム は...

 

「プロタイムズ金沢駅西店」 「プロタイムズ富山中央店」

 

にお任せ下さい‼

 

外装劣化診断士による建物調査診断を無料で行っております‼